省エネ届出 着工の21日前までに提出

 

heyanai

対象建築物

延床面積300m2以上の一般住宅、共同住宅、寄宿舎等が対象です。
届出義務はありますが、省エネ基準適合義務はまだありません。
jyutaku

住宅の性能基準計算について     ※仕様基準については省略

 建築物省エネ法では、次の①~③を求めます。
『外皮性能』は住戸毎に基準値適合が必要です。『一次エネルギー消費量』は一部住戸で基準値を超えていても、全住戸と共用部の合計値が基準値に適合していれば良いです。

①外皮性能の基準
①-1:外皮平均熱貫流率(UA値)
①-2:冷房期の平均日射侵入率(ηA値)
上記を各住戸ごとに判断します。任意の表計算ソフト等を使い求めます。
②住戸の一次エネルギー消費量 住戸用に作成されたWebプログラムにより求めます。
全住戸数計算が必要です。(同プランで外皮と設備仕様が同じ住戸は省略可)
③共用部の一次エネルギー消費量 非住宅用の標準入力法により計算。定められたWebプログラムにより求めます。

 

受理レベルについて
弊社で使っている表現で、一般的な言葉ではありません。
省エネ法の基準値は『品確法の等級4相当』ですが、等級3相当あれば届出受理可能な行政があります。
但し”省エネ不適合”として副本が返されますので、施主さまと事前にお打合せをお願いします。

弊社の見積りでは、基準値適合か受理レベルで良いのか、事前にお客様に確認しています。

 

共同住宅の代行料金の目安  ※下記は建物形状、断熱仕様、設備仕様が一般的な場合を想定。

①外皮性能の基準 4,000~13,000円/戸
×計算住戸数
単価の大小
・ RCラーメン ≒ 鉄骨造 > RC壁 > 木造
・外床のある住戸 ≒ 1階住戸 > 中間階≒最上階
②住戸の一次エネルギー消費量 1,500~4,000円/戸
× 計算住戸数
住戸内の空調、換気、照明、給湯、床暖房設備を評価。
住戸による設備仕様の違いや、計算住戸数により単価を設定します。
③共用部の一次エネルギー消費量 8,000~15,000円/棟 左記金額は、共用部設備が照明のみの場合。
管理人室、集会室などの空調室があれば別途加算します。
 ④届出書作成  15,000円~
(正/副/控えの3部作成)
seikahin
計算書をPDF納品し、届出書作成を自社でされる場合は減額します。
その際は、見積り依頼書の”代行内容”項目の”Type1”にチェック願います。